買った新鮮な魚を調理してそのまま食べれる・牧志公設市場

肉も魚も何でも揃う!見ているだけでも楽しい牧志公設市場

牧志公設市場は国際通りに隣接する場所に位置している市場で、那覇の台所として開業から60年以上地元の人から今では観光客まで多くの人が訪れます。市場内には沖縄の近海で水揚げされた新鮮な魚介類や、沖縄県産の野菜やフルーツなどの店が軒を連ね、お土産品も販売されています。沖縄ならではの赤や青、黄色などのカラフルな魚や、伊勢エビよりも美味しいとも言われる平べったい見た目が特徴のセミエビ、ハリセンボン(沖縄名はアバサー)など、普通のスーパーではあまり見かけることのない珍しい魚介類が並びます。また沖縄料理には欠かせない豚肉の精肉店も数多くあり、店頭には豚の顔がいくつも置かれていたりと少し驚いてしまうような迫力ある光景も楽しめるスポットです。牧志公設市場は屋内なので雨の日でも安心して観光できるのでオススメです。

新鮮な食材を味わいたいなら2階の食堂へ!

1階にある市場で購入した食材は2階にある食堂で有料で調理してくれるので、新鮮な食材をすぐに食べることができます。刺身や煮付け、バター焼きなど、普段目にすることのないカラフルな魚介類をお店の人と相談しながらオススメの調理法で食べることができるのも市場ならではの魅力です。また沖縄そばやタコライス、ゴーヤチャンプルなどの沖縄の定番料理も味わうことができます。テーブル席の他に座敷席がある食堂もあるので、子ども連れの方でも安心して利用できます。食堂の他にもぜんざいや沖縄県産のフルーツ果肉を使ったアイスクリームなどを扱うスイーツ店もあるので、食後のデザートも楽しむことができます。牧志公設市場ではローカルフードを一度に味わったりお土産品を購入できるのでぜひ行ってみてください。

西表島のツアーでは船でしか行くことができないプライベート感たっぷりのビーチや、ビーチコーミングに適したビーチなど様々な種類のビーチを満喫することができます。

 

© Copyright Okinawa Tourist Spots. All Rights Reserved