本島から高速船で行ける・水納島

水納島の基本情報やアクセス

水納島という島は沖縄本島の近くにある離島で、国頭郡本部町の西側に位置しています。面積は500平方メートル弱と小さく、定住者は50人程度しか存在しない観光業中心の島です。地形的には全域が平地ですが森林地帯が多いのが特徴となっています。アクセスとしては島の中に空港はないため船でアクセスする形になりますが、本部町谷茶地区の渡久地港より高速船にて最短15分で到着します。那覇空港から渡久地港までのアクセスについては、レンタカーを利用する場合は沖縄自動車道を通って名護市に来たのち一般道を通って本部町までアクセスする形です。距離に関しては、空港から渡久地港まで100km弱になり、所要時間は高速道路を利用すると2時間以内で港まで辿り着きます。

水納島の魅力や人気観光スポット情報

水納島は隆起珊瑚礁から成る島で、陸地付近には浅瀬の海が広がっています。島の北部に位置する「水納ビーチ」では波が緩やかなビーチリゾートの中で安全に海水浴・マリンスポーツ・バーベキューなどを楽しむ事が可能です。なお、人口の少ない島ですが、幾つかの宿泊施設も存在するため、前もって宿泊予約をしておけば日帰りではなく泊りがけで島を楽しむ事も出来ます。また、島東部の水納島灯台そばにも広いビーチがありますが、こちらは水納ビーチより混雑していない中で過ごせるビーチです。その他、カモメ岩のビーチ・名もなきビーチなど島の各方角に穴場的な小規模ビーチが点在しており、マリンアクティビティを楽しみたい人には絶好の島といえます。森林地帯が多いため気軽に森林浴を楽しめる点も力です。

久米島のツアーではコバルトブルーの美しい海の他に、畳石や水平線を見渡すことができる展望スポットなどの景勝地も多く、大自然を満喫することができます。

 

© Copyright Okinawa Tourist Spots. All Rights Reserved